So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

書評「邪魅の雫」 [書評・映画評]

文庫版 邪魅の雫 (講談社文庫)

文庫版 邪魅の雫 (講談社文庫)

  • 作者: 京極 夏彦
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2009/06/12
  • メディア: 文庫



京極夏彦の百鬼夜行シリーズの一番新しい奴。
6人の連続殺人事件。しかし6人に何の共通点もなく、関係も見当たらない。ただ一つ、最後の1人を除く5人の殺害に使われたのが、特殊な毒薬であったというだけ。
時系列では白樺湖の事件の直後の亀捜索事件から一週間後と書かれてる。そして、先の事件で巡査に降格された青木刑事が後の事件で再び刑事として登場しているが、彼が刑事に復帰したいきさつが書かれている。ようするにこのシリーズは時系列が発表順ではなく、けっこう入り組んでいることを表している。薔薇十字探偵社シリーズの語り手である本島氏が名前だけひと言だけ出て来るのもご愛敬。

薔薇十字探偵社に榎木津礼次郎の従兄弟がやってくる。榎木津に持ち上がった3件の縁談話があり、相手側が乗り気なのにもかかわらず、まだ会いもしないうちに3件とも相手側から断りの連絡が来る。しかもその内の一人の相手の妹の女学生が、場所も離れた大磯で殺されたという。他の家でも断りの事情を告げず、3件の家に何らかの事件が起きているのではないか、榎木津の縁談をぶちこわそうとする人物がいるのではないかと言われ、榎木津本人が聞いていないことを良いことに、探偵見習いの益田に調査するように言われる。
困った益田は、榎木津の縁談を邪魔するような女性がいるのではないかと、京極堂に話を持ちかけ、その場にいた暇そうな小説家の関口とともに調べることに。
そして推測したのは、縁談相手3人とも誰かにレイプされそれで破談にしたのでは。そして、どうやらそのうちの一人が行方不明になっているらしい。
詳しい調査を行うために二人は殺害事件のあった大磯に向かう。

大磯に住む画家の西田新造は、モデルの女性が怪しい男にストーカーされていることを知って。話はほとんどしたことがないが幼なじみであり新聞記事で警察署長をしていると知った石井警部に相談する。ストーカーだけでは逮捕も何もできないと聞かされ、ならば自分が殺すしかないかもと思い込む。ちなみに殺人罪について聞くと、事情があれば10年ほどの刑だろうと聞いて、殺意を深める。石井刑事はその時の会話をなんとなく気にはしていた。

先の事件で降格した青木巡査は、通報を受けて商社マンの死体を発見する。外傷はなく毒物による物らしい。しかしなぜか組織的犯罪・社会的重大事件などを扱う公安が乗り込み捜査陣は不安を感じる。しかしなぜか連続殺人事件に指定されて警察合同会議が中心となるが、そのことにも疑問を感じる。先輩の不良刑事(降格してこれも今は巡査)木場に相談すると、毒物が特殊な物ではないかと言われ、上司に進言。ならば刑事に戻ってお前が独自調査をしろと言われる。京極堂を訪ねて毒物について相談すると、戦時中に開発が進められたが終戦で中止になって完成されていないはずの毒物の可能性がある。公安の刑事も被害者もその開発に関係していた可能性があり、その毒物をすみやかに回収するために公安が乗り出しているのだろうと聞かされる。そして操作に割り込む切り札を教えてもらった青木刑事は、同じ毒物で殺された女学生殺害事件があった大磯に向かう。

白樺湖事件で警察が嫌になり、突然退職して失踪した元巡査の大鷹篤志はあてもなく大磯にやってきた。そこで出会った女性真壁恵に厚かましくも格安の宿を紹介して欲しいと頼み、代わりにある女性の護衛を依頼される。いい加減な彼はあきらかに不審な尾行を重ね、さらにはその女性の行動が時間通りに正確であることから、その日も何も起こるはずがないと勝手に思い込んで手抜きをするが、その日その女性が殺害される。自分の責任は棚に上げ、一番怪しいのがつきまとっていた自分だと調べられていることを聞いても意に介せず、敵討ちをしないとと思い込む。

大磯の酒屋の従業員江藤徹也は、店に時々やって来る女性が気になっていた。たまたま届け物があった日、彼女と話が出来ると楽しみに家に寄るが、そこで彼女の死体を発見する。第一発見者として交番で話をするが、入ってくる情報は驚かされることばかり。彼女は偽名であり住所も不定。そして女学生と同じ毒物で殺されたことが判明して連続殺人事件と認定される。江藤は知っていた。その殺された女学生のことを。そして連続殺人ではないことも。

こうして大磯で次々起きる殺人事件に、容疑者・被害者を除くすべての関係者が大磯に集結。情報を付き合わせて6人全員の身元が判明するが、それでも共通点は見られない。唯一可能性があるのが、その何人かに榎木津礼次郎が関係していること。その彼等の前に現れたのは、事件のことは知らないはずなのに、何かを探しにやって来た榎木津礼次郎その人だった。
そして憑きもの落としにやって来た京極堂が、これらは別々の世界の物語だと考えないといけないと延べ、6人すべてに関係するある人物を指摘するのだった。


今回の作者の遊びは、各章の1行目に「死」に関係する言葉を入れていること。そして、プロローグのみ、「勘違い」という言葉で始めている。すなわち、この連続殺人事件は「勘違いによる殺人事件」をほのめかしている。

いつものことだが、記述者が多くて読みづらい。しかも数人は殺害をほのめかす人物であったり、殺害を行った人物だったり、異常な犯人の記述と思うと読むのが嫌になって読み飛ばしてしまう。

しかし、ラストで京極堂の解説を読んで、目から鱗というか、全体が意図する物が見えた瞬間にすっかり腑に落ちる。読みづらかった理由もはっきりして、この小説は結末を知ってから読んだ方が面白いことに気がつく。すると読み飛ばしていた部分が意味が明確になって読みやすくなったり。

ゲームでは舞台や登場人物が同じでありながら物語内容が異なる○チストーリーというのがあるが、これを推理小説でやるとこうなるんだと。記述者はあくまで自己体験の記述であって、神の視点ではないと言うことを強調するとこうなるという見本。

しかし相変わらず京極堂の説明は長くて難解。はっきり言って大学の授業。こんなのを現実でおとなしく聞いている事件関係者などいるわけがない。いっぱい突っ込みどころまんさいなのだが。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

コミック「3月のライオン 13 」 [書評・映画評]


3月のライオン 13 (ヤングアニマルコミックス)

3月のライオン 13 (ヤングアニマルコミックス)

  • 作者: 羽海野チカ
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 2017/09/29
  • メディア: コミック


明日発売なのに、なぜか今日本屋に並んでいた。

空前の将棋ブームの立役者の一つ。
しかし、この春公開された映画を見るまで大きな勘違いをしていることに気がついた。
この「3月のライオン」の世界は、現実の将棋界を完璧にトレースしていると思っていたのだが、実は一つだけまったく違う世界観で描かれていた。それは、この世界には「女流棋士」という物が存在しないと言うこと。もちろん、プロ棋士でいまだかつて女性がプロ棋士になった事実はないが、そのことではなく、どの世界でも女流プロという女性だけの団体が存在するのだが、このマンガの世界では、将棋を職業にしている「女流プロ」という存在さえないということ。

このことは実は重大なことであって、主人公の義理の姉・香子がプロ棋士を目指していた時、そこには奨励会しか存在していなくて、そこで無理なら将棋の世界で生きていくことが出来なくなってしまうという事実。
現実の世界では、過去に何人もの女性の奨励会員が存在したが、彼女らは奨励会2級以上で退会すれば女流プロに鞍替えすることが出来、全員が女流プロになり、しかも全員がタイトル戦出場経験を持っている。もちろん、父親がプロ棋士でその娘が女流プロになった例もいくつもあるのだが、この「3月のライオン」の世界では、女流プロという物が存在しないために、奨励会を退会すればプロ棋士になる夢は断ち切られてしまう。そのことを前提として物語を読まなければいけなかったのだが、そのことに気づいたのがつい最近という。これで長年の謎が解けた。

閑話休題。

今回の第13巻はいつものことではあるが内容が深い。で、これまでと違って、ハラハラしながら読む場面も無く、安心して読める。もちろん対局場面はドキドキ物だが、不安感無く入り込める。
また、盤外の物語も引き込まれる。前巻ラストで予感された三角関係がどう展開するのか、まだまだ先は長そう。で、暗くてたまらないはずの死神男・葬儀屋の棋士の物語も心に響いたり。それから香子の物語も映画での展開をトレースしていくようで、この先がとても気になったり。

話はどんどん進んでは行くのだが、いつまでも続いて欲しいように思う。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

映画「三度目の殺人」 [書評・映画評]

三度目の.jpg
殺人放火を犯した男は、かつて同様の事件で死刑になりそうな所を懲役30年の刑を終えて出たばかりだったため、再犯と言うことで死刑は免れなかった。敏腕弁護士が途中から担当に加わるが、結局死刑判決が出るまでの、ただそれだけの物語。

いろいろな事象がついてまわるが、やたら伏線を取り入れただけで、回収しきれないまま終わってしまうだけの、原案・監督の独りよがりの作品。

保険金目当ての嘱託殺人事件やら、家庭内レイプ問題やら、食品偽造問題やら、死刑廃止論是非とか、弁護士側にも離婚調停中の父親の歓心を得たいための一人娘による偽装万引きとか、30年前の事件の裁判官が弁護士の父親だとか、詰め込めるだけの物を一杯詰め込みながら、なんら回収しない。

もちろん弁護士には、調査中に知り得た依頼人の秘密を公表してはいけないという守秘義務があるから、食品偽造なども検察側が立件しない限り明らかにはされない。また被害者の娘が父親からレイプを受けており、それを公判で明らかにしようと決意しながらも、相談を受けていて、同じ年頃で別れて30年も会っていない自分の娘を思い描いた犯人の意志によって阻止されてしまうとか、闇の中に埋もれさせてしまおうという意志が強くて、結果として何も進展しない物語で終わってしまった。

なにもかもが中途半端なんだよね。犯人と弁護士、被害者の妻と娘にいい役者をそろえながら、顔見せだけに終わってしまったかのような印象。

タイトルの「三度目」というのは何だろう。2度目で死刑判決が出たから三度目を阻止できたと言うことなのか、犯人自身が三度目として選んだのが自分自身だと言うことなのか。自分を殺すのは殺人ではなく自殺になるのだが、本来無罪である自分に対して死刑という有罪判決を導き出したことが、罪の無い人間を殺す殺人と言うことになるのだろうか。

いずれにせよ、被害者の娘は、自分のために犯人を死刑にしてしまったという負い目を一生背負っていくことになるのだが。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

書評「陰摩羅鬼の瑕」 [書評・映画評]




白樺湖の側の豪邸に住む元伯爵が5度目の結婚式を迎えようとしていた。
過去4度、結婚式の当日夜に花嫁が殺されるという事件が起きていたため、親族は探偵を雇うことを提案。元伯爵はよりによってぶちこわし屋の榎木津礼次郎を招きよせる。しかし向かう途中で榎木津は急病で一時的に目が見えなくなる。結果、付き添いとして役立たずの小説家関口が来ることに。はたしてぶちこわし屋と役立たずに任務が果たせるのか。

うまい具合に、地元警察も護衛に付くことになり、過去の事件の資料が戦争で消失しているため、当時の担当で引退刑事に事情を聞くことに。しかしちょっとした手違いで、連絡が木場刑事に行ってしまう。しかし引退刑事がかつて京極堂とある事件に関わっていたことを知っていた木場は、その事件に関わっていた監察医の里村を通じて引退刑事を捜し当てることに成功。妻子を亡くして隠遁生活をしていた引退刑事は過去のその事件や亡くなった妻との関係を引きずっていて、憑きもの落としを必要としていたため、木場は事件のことを京極堂に告げるように提案する。

かくして、役立たず二人でどうなるかと思われた事件に、元敏腕刑事と京極堂が関わることとなって一安心、と思うまもなく、彼等が到着する前に5回目の惨劇は起きてしまう。

今回珍しく、いつもはワトソン役の関口が事件の真相に気づいてしまう。しかし真相を告げることが少しも解決にならず、かえって混乱と破壊を招くこととなることを知って躊躇するが、京極堂は憑きもの落としに必要だと告げさせる。はたしてその真実とは。

と言ってもだいたい途中で気づいてしまうのだが、だが混乱を呼ぶだけの真実には、うーん、そこまでしますか、と思ってしまう。
そして、伯爵が男性でなくて女性だったらそういうこともあるのかと思えるかもしれないが、さすがに無理があるような気もする。

そしてあの事件の目撃者は一体そこで何が行われているのを目撃したのだろうか。そこで行われている行為が理解できない。人間も動物の一種であり、動物的本能とは何だろうかと思ってしまう。誰も実験したことないのだが。

この物語、薔薇十字探偵社の事件の第2話に直接つながる話となっているのが時系列的に面白いのだが、全然関係ないとも言えるけれど。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

書評「百器徒然袋――風」 [書評・映画評]


文庫版 百器徒然袋 風 (講談社文庫)

文庫版 百器徒然袋 風 (講談社文庫)

  • 作者: 京極 夏彦
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2007/10/16
  • メディア: 文庫


前作「百器徒然袋――雨」の続編。京極堂シリーズのスピンオフであり、薔薇十字探偵社での事件を扱った物。前作が3話、今作も3作で、ど「僕」の苗字が明かされ、今作のラストで、読者も驚きの手段で本当の名前が明かされる。ということで、もう明かされる事実はない。
明かされたストリーテラーが実質主役なんだろう。このシリーズ、正確に表現するならば、「本島俊夫の災難シリーズ」と呼べばいいのかも。

合わせて6話の第1話で、榎木津探偵を知る人物から紹介されて事件の依頼に訪れたのが運の尽き。2・3話では興味もあったので、再三再四の忠告にもかかわらず近づいてしまって、とんでもない事件に巻き込まれて、もうたくさんというところで、今作では二度と近づくまいと決心したのにもかかわらず、不可抗力で関わることに。

後半の3話は連続したストーリーとなっていて、4話の事件をきっかけに6話でもってようやく解決するという、それぞれが独立した物語になってはいるが、続けて1巻という設定。そしてラストでは、主人公である本島俊夫が、もう彼等一味とは切れない関係になってしまったことを自覚することになる。

この4~6話、やけに本島俊夫の語り部分、プロローグが長い。そして、どういうわけか非常識探偵榎木津がまともな行動を取る場面も出て来る。
そもそも彼はあのキャラを実は演じていると言うことが明かされる。名前を少しも覚えてくれないというのも実は嘘で、知っているのに、単に面白いからからかっているだけだという。まあ冷めてしまうととたんに物語が面白くなくなってしまうのだから、ここが限界なのかもしれない。

ちなみに娘はこれを持っていなかったら、ブックオフまで行って購入してきた。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

書評「百器徒然袋――雨」 [書評・映画評]


百器徒然袋-雨 (講談社ノベルス)

百器徒然袋-雨 (講談社ノベルス)

  • 作者: 京極 夏彦
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1999/11/11
  • メディア: 新書


京極堂シリーズのスピンオフ。
シリーズ登場人物の榎木津が営む探偵事務所「薔薇十字探偵社」に持ち込まれた3件の事件をめぐっての中編3編。時系列では面白くなくて読むのを途中で辞めた「塗仏の宴」事件直後の物語で、事件の傷を引きずったままの登場人物が会話をする。当然読んでいないとわからないこともあるが、本編読むのを辞めたが、ネットであらすじだけは見ていたので、まあそれで十分だったかも。

常識外れの異能力を持つ探偵が中心なだけに、全編はっきり言ってコメディー。ただ今回はこれまでの次々と変わる語り手や、短気なワトソン役ではなく、落ち着いたワトソン役を用意したので読みやすくはなっている。新しいワトソン役は、この中編連作の第1話で依頼人として出てきたのにもかかわらず、魔法にかけられたように以後の物語にも登場させられてこき使われるという哀れな設定。最初は京極堂シリーズとは無関係な存在だからこそ、シリーズ登場人物を冷静に見ていけるという長所があって、外部の人から見ればこの「一味」は何なんだろうかという客観的な判断もできる。もっともその彼自体が徐々に「一味」に加えられていくのだが。
このワトソン、最後の最後で名前が出てきて、それまでは彼目線だから「僕」で十分だし、榎木津は名前を覚えようとしないからとんでもない名前で呼ばれてばっかり。最後に本名が出てきて、あまりにもまともな名前で、オチは無いのかよ~、と叫んでしまう。

中編3話だから読みやすい。不用な人物は出てこないから簡潔である。ただ困ったことに、映画のおかげで中心である榎木津が阿部寛としか思えなくてそれ以外のイメージが一切湧かない。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

コミック「将棋めし 2」 [書評・映画評]


将棋めし 2 (MFコミックス フラッパーシリーズ)

将棋めし 2 (MFコミックス フラッパーシリーズ)

  • 作者: 松本 渚
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2017/08/23
  • メディア: コミック


TV局も大変である。

空前の将棋ブーム。何と言っても藤井総太四段の活躍に負うところが大きいが、TV局が彼を追いかけても、流す除法は限られている。プロフィールとかは一度流せばそれで終わりだし、戦局等の専門的な内容は、視聴者には難しすぎる。で、マスコミが取り上げたのが、今日は何を食べたのか、何を注文したのか、どの店からとったのか。いわゆる「将棋めし」。

ということで、こんなコミック成立するのかと思われたこのコミックが、やにわにクローズアップされることに。関東ローカルでは実写ドラマ放映中とか。関西でどうしてやらないのだろうか。

で、好評の第2巻が本日発売されることに。

しかしこの先は現実にはとてもやばいことに。
昨年から、かねてから懸案になっていた対局中の外出が全面的に禁止になってしまったので、対局中の棋士が外の店でどんな食事を取り、どんな会話をしているのか描けなくなってしまった。これまでは性善説で、対局の席を離れて不正行為をしている棋士などいるはずがないとされていたのが、不正疑惑事件が実際生じてこういうことになったのは、ある程度仕方がないことではあったのだが。

まあ出前でもいいことだし、対局中でない棋士がたまたま同じ食事を外で食べると言うこともありえるから続けられることには違いないが、元々いつかは行き詰まるかもしれないという心配は最初からあったのだが。

前巻では描かれた物語中では全勝だった主人公も今回は敗局もあるので、ようやくまともな物語にはなったようだ。しかし食事内容以外は専門的すぎて、にわかの将棋ファンにはついていけないかもしれない。
しかし棋士ってよく食べるものだと思う。使うエネルギーは半端じゃないとは言うけれど。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

書評「絡新婦の理」 [書評・映画評]


絡新婦の理 (講談社ノベルス)

絡新婦の理 (講談社ノベルス)

  • 作者: 京極 夏彦
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1996/11/05
  • メディア: 新書


主人公グループ一行が箱根での連続僧侶殺人事件に関わっていた時、唯一登場しなかった東京の刑事木場は東京・千葉で起きた連続目潰し殺人事件にかり出されていた。犯人は特定されているのだが足取りがつかめず、なおかつ被害者に共通点が見当たらず、次の犯行が予想できない。そんな中最後に起きた密室殺人事件での調査で、木場の友人が重要参考人らしきことが判明。会いに行けばちょうど担当刑事が踏み込んだところで、木場に出会ったその男は「蜘蛛に聞け」と謎の言葉を残して逃走。木場は事件重要参考人と友人であることから担当をはずされたが、独自の調査から密室の仕組みを解明。以前部下だった刑事を連れ、犯人達が千葉にある家族が死に絶えて空き家になっている家にいるのではないかという確信を得る。

同じ頃、被害者の一人である教師が勤めていた良家の娘が通う千葉にある女学院では、その教師が呪いによって殺されたという噂が起こる。そして別の犠牲者も学園関係者であり、学内では黒ミサが密かに行われ、「蜘蛛のしもべ」というグループがあることを女生徒である美由紀が知ることに。そして唯一と言える親友がある男性教師から陵辱されて、その男を呪い殺したいという願いからグループを調べるうちに、学内に大がかりな売春グループがあることを知る。そして呪いは現実と成り、学内で連続殺人事件が起きていく。

千葉にたまたまやってきた釣り堀の男は偶然美由紀の祖父と親しくなり、急遽現金が必要とのことで、海から拾い上げた謎の像が売れないか相談。前巻で搭乗した骨董屋に連絡。そしてすぐ近くに最後の女性が首つりをして空き家になった家に電気が灯っているのを見たという話を聞く。
折りから学園の創設者の家で相次いで家族が亡くなっていくという話から、無用な骨董品を始末したいということから釣り堀男と骨董屋はその家におもむくが、そこでまた殺人事件が起きて足止めされることに。

前巻で刑事をやっていた益田は警察署に嫌気がさし、探偵になろうと榎木津事務所を訪ねていた。ちょうど人捜しの用件で訪れた女性と巡り会い、その行方不明の男を3日以内で発見できれば雇っても良いと言われ、知らないことは何もないと思われる拝み屋京極堂を訪ねることに。たまたま榎木津に千葉の学園内の事件の依頼をしに、学園の理事長の弁護士をしている男がやってきて、二人して京極堂の所に向かう。そして意外なことに益田が女性から聞いた話と弁護士の話に共通点が多く見つかり、行方不明の男が学園の雑務係をしていることが判明、学園内で起きている事件の実行犯ではないかということがわかり、こうして京極堂を除くすべての人物が千葉に向かうことに。

事件は複雑な事態に陥り、学園閉鎖や一家絶滅も考えられる辞退と成り、まったく関係性も見られない2つの事件が、実はある人物の念入りに仕組まれた蜘蛛の糸によって仕組まれていることを京極堂は予想。そして、自分もその一端に組み込まれることを承知しながら、ようやく重い腰を上げることに。


相変わらずのとんでもない展開。
で、今度は不思議なことにまたまた主人公グループの一人が登場しない。
いや、事件にまったく関わらなかったため後に関係者一同の話を聞きまくるという、ワトソン役としてはありえない状況がエピローグで語られる。しかしこれにも理由があり、クライマックスで真犯人の計画がすべて完了してしまい、もはや駒が必要となくなったためにここで登場。そして京極堂より、実はこの事件はそれで終了したのではなく、本当の真犯人が別にいて、本当の真相が断片的に語られる。しかしすべては推論で、まったく証拠も無いから断罪できない。結局は京極堂でさえ、真犯人の手の内で踊らされたと言うことが語られる。ワトソン役の本来の主人公はこれを小説に仕上げられるか。

ただし真犯人が彼女だとすればその目的は何だったのか、それが不明となっていく。クライマックスで明かされた「真犯人」の方が動機等がわかりやすい。
まあ、隠された物でさえ見えてしまう探偵の能力のことを知っていて、その裏を掻くという芸当は真の犯人でなければできないことだからそれでいいのだが。

このシリーズを先に読破したうちの娘はこの物語が一番面白かったという。わかりやすいといえばわかりやすいからかも。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

映画「君の膵臓を食べたい」 [書評・映画評]

君膵.jpg
原作の設定を少しいじって、12年後の主人公が昔を振り返る物語にしている。その都合上、原作では文庫の後ろに書かれていた「遺書」が、手紙の形で12年後に発見される設定になった。そのため、主人公とヒロインの親友とは12年間話をしないまま過ごしたことに。

そういう変更が気に入らなかったので、最後までイメージが崩されるのが嫌で見るのをためらっていたのだが、本屋で繰り返し流される予告編映像を何度も見続けてしまった。あまりにもイメージ通りのヒロインの姿に、この娘は誰なんだろう、と興味引かれて、浜辺美波と知って、ああ、「エイプリスフールズ」で実の父親に誘拐される少女演じてた子だとわかって、ずいぶんイメージ変わったなと、彼女見たさに見ることにする。

結果、脚本家の勝利だった。

12年後の設定以外はほとんど原作通り。何より主役を演じた二人の男女がイメージぴったり。その12年後、親友の女の子の結婚式があるのだが、新郎も原作の中でそれらしく触れられている男だったから納得できたし、新たに追加された12年後の生徒も物語を深める役目をしっかり果たしていて、好感持てた。


物語は、ヒロインが亡くなって12年後、母校の教師として赴任してきた主人公が、思い出の図書館が改築されることになり、本の整理を任され、かつての自分によく似た図書係の男の子に思い出話を語る物語になっている。
そして、その整理中に彼女が残していた「遺書」を発見。12年前の彼女の本当の思いを知ることに。折しもその日は彼女の親友の結婚式の日。12年後の主人公は彼女の残した親友宛の手紙を持って結婚式場に駆けつける。

本の整理を手伝ってくれた図書委員の男の子には、彼に何かとちょっかいをかけてくる、明るく元気な女の子がいる。何だよアイツと思う彼に主人公の教師は、「ナカヨシ」になりたいんだよ」と声をかけ、それで理解した彼は、彼女に声をかけ、お互いの名前を呼び合ってまた明日と別れの挨拶を交わす。そんな彼を見て、自分が教師をやっているのも悪い物じゃないなと思う主人公。この付け加えられたエピソードが物語をしっかり押さえてくれている。いい終わり方を見せてくれた脚本家に拍手したい。

映画始まってから終わるまで涙が止まらなかった。

蛇足
「銀魂」を見た後でのこの映画、ギャップが大きすぎるよね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画「銀魂」 [書評・映画評]

銀魂.jpg
ネットの友人が銀魂ファンと言うこともあって、こういうコミックがあるということは知っていたし、劇場アニメの予告編で家しか映らない映像を見たりでうすうすはその世界観とか知ってはいたが、それ以外の何の予備知識もなく見に行って、はまってしまった。ギャグ満載で笑うしかない。一番笑ったのが、あおジ○リのナ○シ○のパクリだが。何でもありかよ、さすがにだめでしょ、と映画の中でも言ってたが。

で、結局アマゾンで1~10巻を中古本で(価格1冊ごとに1円で送料が200数円という)購入、一気読みしたが、映画の中心となっている話は11巻目らしいと言う、まるで銀魂的オチがついたり。

コミック読んだら、もう1回映画見たくなったな。なにせキャラがそのままだったし。

小栗旬ってなんか吹っ切れたみたいだよね。ルパンⅢ世も面白かったし。で、まったくキャラの違う「キミスイ」も見るかもしれないし。はっきり言って彼は猿顔だから、西遊記とかも似合ってるかも。


[追記]
結局11・12巻も購入して映画の原作部分読みました。
で、読んでからもう一度映画見に行きました。どこまでが原作通りか確かめてみたかったのと、原作知ってから映画見るとまた感じが変わるかも。

で、
映画の方が完結で良かったというのがアマノジャクの感想。原作だと船の中での戦闘場面がごちゃごちゃしすぎて誰が誰やらわかりづらい。

余計な感想
何度見ても奈々緒がオセロの松島尚美に見えて仕方がない。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | -
メッセージを送る