So-net無料ブログ作成
検索選択

映画「インビクタス-負けざる者たち」 [書評・映画評]

インビクタス.jpg
少数の白人が多数の黒人を差別し支配する人種差別政策アパルトヘイトを法律化していた南アフリカ共和国で、抵抗運動を続け終身刑で27年の刑務所生活を余儀なくされたネルソン・マンデラ氏(モーガン・フリーマン)。絶望の中で彼に希望を与え続けた1編の詩が「インビクタス」という。

解放後、全国民を対象とした初の総選挙で彼は大統領に就任した。
多くの者、白人も黒人も、これで立場が逆転し黒人が白人を支配する国になるのだろうと誰しもが思っていた。
アパルトヘイト時代の名残を残し、旧の国旗のカラーユニフォームにしていたラグビーチームはいつ潰されても不思議ではなかった。これまでも国際試合では、白人はそのチームを応援するのに、黒人達は自国のチームではなく相手チームを応援するという異常事態が続いていた。チームは弱く、国際的な力はまったくなく、国民からも見捨てられていた。当然のように黒人が全体を占めるスポーツ競技会ではチーム名・ユニフォームの廃止とメンバーの交代を可決したが、急遽駆けつけたマンデラ大統領は議決に反対を表明した。今チームを変えても白人が反発するだけで対立を深めるだけだと。必要なのはすべての白人と黒人が一致して一つの国をつくりあげることだと。

ラグビーチームの主将ピナール(マット・デイモン)が大統領に呼び出された。自分は一編の詩の力でここまで来れたのだと。一緒に頑張って欲しいと。
こうして1年後に南アフリカで開催されるラグビーワールドカップに向けて二人の戦いが始まった。

大統領はラグビーチームに黒人少年達の指導も要請してきた。自分たちの練習だけでも大変なのに余計なことと感じていたメンバー達だったが、初めて踏み入れる黒人住居地域に衝撃を受ける。メンバー唯一の黒人選手は少年達の英雄だった。熱心な指導はTVニュースでも取り上げられ、チームを応援する声は黒人達の中からも聞かれるようになってきた。

ワールドカップの直前、チームメンバー達はマンデラ氏が収容されていた刑務所を訪問する。ピナールはマンデラ氏からもらった詩をつぶやきながら、彼の思いを受け止めていた。
新しく制定された国歌など歌いたくないと拒否してきたチームメンバーも、すべての国民を神が祝福しているという歌詞を受け入れられるようになった。

こうしてワールドカップが開催され、弱小チームが奇跡を果たしていく。

まるで作ったような物語だが、これが実話だと。マンデラ氏の実話、ラグビーチームの実話、二つの実話が重なり合って奇跡の物語を産み出していく。

映画は効果的にいくつかの物語が挿話される。初めは自国のラグビーチームを嫌っていた黒人少年がチームの優勝に歓喜するする物語。マンデラ氏を守り続けていた黒人SPと前大統領のSPでマンデラ氏のSPに横滑りした白人SPとの心のふれあいの物語。ピナールの家族と家政婦として彼の家族に使える黒人女性の物語。
現代のアメリカなら白人と黒人が友人であることに何の不思議もない時代になってきているが、当時の南アフリカにおいてどれだけすごい出来事が起きたのか。

アパルトヘイト政策は世界の反感を生み、世界中が南アフリカに対して経済封鎖等の方針を行って反対運動を強化し、それがきっかけとなってアパルトヘイト廃止につながったのだが、この経済封鎖の期間中に抜け駆けをして経済援助を行っていた国があった。日本である。このことで日本は「名誉白人」という称号を得たという。それは白人がすべてに優っていて、劣っている黄色人種でも白人並みの扱いを受けるという、言ってみれば侮辱的な称号だったが、当時の日本政府はその称号を有り難がって受け取っていた。恥ずべき話。そんなことなど知らない人の方が多いのだが。

南アフリカでは現在でも問題山積みとか。簡単には解決しないのが現実。でも少なくとも人種的垣根を越えることに必死になって頑張った人たちがいたことも事実。まだまだ世界は閉鎖的ではあるが。



nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 1

ジジョ

こんにちは☆
「名誉白人」という不名誉、、、そうなんですよねぇ。
わたしも数年前に本を読んで初めて知りました。
この映画をきっかけに、その背景もいろいろ知られるといいですね☆
by ジジョ (2010-02-13 05:26) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る