So-net無料ブログ作成
検索選択

コミック「将棋めし」 [書評・映画評]


将棋めし 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)

将棋めし 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)



将棋のプロ棋士が対局中の食事休憩に食べる食事を題材にした
コミック。
と言っても、単なるグルメ本ではなく、その食事が対局にも
影響しているという。嘘のような、現実にもあり得るような
物語。
単に冗談で書いたと思われがちだが、対局図にはプロの監修が
入り、作中のある対局では、初手から終局まで正確な棋譜が
付けられている。

主人公は、プロ棋士の父と女流棋士の母を両親に持つ、現実世界
ではまだ一人もいない女性ながら奨励会を抜けた女性のプロ棋士。
もっとも、変わり者の父は東京一人暮らし。冷蔵庫のプリンを
3個とも一人で食べてしまう天然系の夫とは一緒に暮らせない母は
一人大阪に残り、小学生でプロ入りを決意した主人公は父の元で
修行をしてプロになったという。

いきなり第1章(作中ではタイトルに合わせて「第1食」と
なっている)ではタイトル戦最終局で、なんとタイトルを
奪取している。そればかりか、載せられている彼女の対局すべて
勝利という。

同年齢で奨励会も同期という友人2人は彼女を女性とは思って
いない。気持ちがいいくらいにさらっとした関係。
対局相手の中には、実在の棋士を彷彿させる人も出て来るが、
あくまで気のせい。

設定だけが借り物の、あり得ない将棋漫画もある中で、将棋に
詳しい人でも十分満足できるマンガというのも珍しい。
千駄ヶ谷周辺には料理店もそんなにあるわけではないから、
ネタ切れしないかが気になるところが。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る