So-net無料ブログ作成
検索選択

書評「りゅうおうのおしごと! 5 」 [書評・映画評]




将棋界最高位についた17歳ロリコン竜王と、9歳の押しかけ内弟子JS、2歳年下のツンデレ姉弟子の三角関係バトルの正当派将棋ノベル第5巻。

前巻でも気になっていたのだが、今回は初めてのタイトル防衛戦が主軸。しかし挑戦者は不敗神話を持つ将棋界最強の相手。
これで普通に防衛すればやっぱりご都合主義の小説かとなってしまう。さりとてタイトルを奪われればこのシリーズのタイトルが変わってしまうという重大事件。
案の定、崖っぷちに追い込まれ、師弟関係も崩壊、三角関係どころの騒ぎじゃなくなってくる。

ところが、これまでの登場人物、1名(前巻登場のあの危ないストーカー女流棋士)を除いて総登場やら、回りの登場人物がみんなハッピーになったり。おまけに大会場を舞台にして親族・将棋関係者を集めての披露宴まであったり、なんとなく最終回フラグがたっているではないかと思っていれば、あとがきまで最初の1行目で、
  「5巻で終わりにしようと思います」
  (中略)
  編集さんは「わかりました」と言いました。
って、何じゃこりゃ!

予定通り5巻で終了する予定だったって?

うーーん、詳しいことは読んでください。最後には安心させる言葉もあるから。

内容はもう感動しか出てこない。特に中盤から終盤にかけて感動しまくり。

しかし、クライマックスでのあの驚愕の現象。たしかにあり得ることとは思いながらも、思わず鳥肌がたってしまう。

そしてもう一つ、第1巻から名前だけはあり、特に前巻では登場もしていたあの人が○○だったなんて。
ただでさえ口調から▲▲だと思い込んでいたのに、××であったことだけでも驚いたのに。
しかしコミックではどうするんだろ。けっこう主要キャラなのに。確かにあの名前、そういう読み方が出来るんだと辞書で調べてわかったのだが。

(追記:と思っていたら、実はコミック第2巻にちゃんと登場
    しているんですね。気がつかなかったが、ちゃんと正しい
    形で。おそらく作者から容貌を聞いていたんでしょう。)

ついでに言えば、毎巻おまけのページとして書かれている、二人の女流タイトル保持者との雑談ページ。実は主人公とこの2人と主人公のライバルの4人は、主人公が小学生名人戦で優勝した時の準決勝まで残った顔ぶれなんですってね。それ以来の仲間というか、主人公を目標にしてここまでやって来た因縁あるってことも、今回初めて紹介されたんだけど、けっこう深すぎますね。それだけでも1冊できそうな。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る