So-net無料ブログ作成

コミック「将棋めし 2」 [書評・映画評]


将棋めし 2 (MFコミックス フラッパーシリーズ)

将棋めし 2 (MFコミックス フラッパーシリーズ)

  • 作者: 松本 渚
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2017/08/23
  • メディア: コミック


TV局も大変である。

空前の将棋ブーム。何と言っても藤井総太四段の活躍に負うところが大きいが、TV局が彼を追いかけても、流す除法は限られている。プロフィールとかは一度流せばそれで終わりだし、戦局等の専門的な内容は、視聴者には難しすぎる。で、マスコミが取り上げたのが、今日は何を食べたのか、何を注文したのか、どの店からとったのか。いわゆる「将棋めし」。

ということで、こんなコミック成立するのかと思われたこのコミックが、やにわにクローズアップされることに。関東ローカルでは実写ドラマ放映中とか。関西でどうしてやらないのだろうか。

で、好評の第2巻が本日発売されることに。

しかしこの先は現実にはとてもやばいことに。
昨年から、かねてから懸案になっていた対局中の外出が全面的に禁止になってしまったので、対局中の棋士が外の店でどんな食事を取り、どんな会話をしているのか描けなくなってしまった。これまでは性善説で、対局の席を離れて不正行為をしている棋士などいるはずがないとされていたのが、不正疑惑事件が実際生じてこういうことになったのは、ある程度仕方がないことではあったのだが。

まあ出前でもいいことだし、対局中でない棋士がたまたま同じ食事を外で食べると言うこともありえるから続けられることには違いないが、元々いつかは行き詰まるかもしれないという心配は最初からあったのだが。

前巻では描かれた物語中では全勝だった主人公も今回は敗局もあるので、ようやくまともな物語にはなったようだ。しかし食事内容以外は専門的すぎて、にわかの将棋ファンにはついていけないかもしれない。
しかし棋士ってよく食べるものだと思う。使うエネルギーは半端じゃないとは言うけれど。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る