So-net無料ブログ作成
検索選択

書評「百器徒然袋――雨」 [書評・映画評]


百器徒然袋-雨 (講談社ノベルス)

百器徒然袋-雨 (講談社ノベルス)

  • 作者: 京極 夏彦
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1999/11/11
  • メディア: 新書


京極堂シリーズのスピンオフ。
シリーズ登場人物の榎木津が営む探偵事務所「薔薇十字探偵社」に持ち込まれた3件の事件をめぐっての中編3編。時系列では面白くなくて読むのを途中で辞めた「塗仏の宴」事件直後の物語で、事件の傷を引きずったままの登場人物が会話をする。当然読んでいないとわからないこともあるが、本編読むのを辞めたが、ネットであらすじだけは見ていたので、まあそれで十分だったかも。

常識外れの異能力を持つ探偵が中心なだけに、全編はっきり言ってコメディー。ただ今回はこれまでの次々と変わる語り手や、短気なワトソン役ではなく、落ち着いたワトソン役を用意したので読みやすくはなっている。新しいワトソン役は、この中編連作の第1話で依頼人として出てきたのにもかかわらず、魔法にかけられたように以後の物語にも登場させられてこき使われるという哀れな設定。最初は京極堂シリーズとは無関係な存在だからこそ、シリーズ登場人物を冷静に見ていけるという長所があって、外部の人から見ればこの「一味」は何なんだろうかという客観的な判断もできる。もっともその彼自体が徐々に「一味」に加えられていくのだが。
このワトソン、最後の最後で名前が出てきて、それまでは彼目線だから「僕」で十分だし、榎木津は名前を覚えようとしないからとんでもない名前で呼ばれてばっかり。最後に本名が出てきて、あまりにもまともな名前で、オチは無いのかよ~、と叫んでしまう。

中編3話だから読みやすい。不用な人物は出てこないから簡潔である。ただ困ったことに、映画のおかげで中心である榎木津が阿部寛としか思えなくてそれ以外のイメージが一切湧かない。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る