So-net無料ブログ作成
検索選択
書評・映画評 ブログトップ
前の10件 | -

書評「夜行観覧車」 [書評・映画評]


夜行観覧車 (双葉文庫)

夜行観覧車 (双葉文庫)



TVドラマにもなった家族崩壊の物語。
この手の小説は苦手なので、TVドラマも見なかったし、文庫本になっている湊かなえのミステリーの本でも読むのが最後になった。

高級住宅街に3年前にやってきた遠藤家では母娘の言い争いが近所にももろわかりの激しさで、いつ事件が発生してもおかしくはない状況だったが、実際に殺人事件が起きたのは、向かいの家で家族5人が幸せに暮らしていて何の問題もないような高橋家であった。
父の連れ子である長男は関西の大学の医学部におり、事件当日長女は親友の家に泊まりに行っていた。なぜか次男は事件が起きたその時刻に、あたかもアリバイ作りかのようにコンビニにいた。
殺されたのは家族にとても優しく、子どもたちにも慕われていて進路を強制しない理解ある父親。殺したのは、夫の連れ子である長男に対しても自分の二人の子どもと分け隔てなく育て、その影響もあって母違いであるにも関わらず兄弟仲の良い3人の子の母親であった。
次男は事件後行方不明に。長女は行く当てもなく、頼りがいのある兄の所に向かおうとした。研究室にこもっていて事件を知らなかった長男は妹からのメールで、遅れて帰郷。偶然3兄妹がそろい、これからのことを語り合う。
一方、事件は自分の家で起こったかもしれないと思いつつ、向かいの家の遠藤家でも最悪の事態を迎えようとしていた。

読後に嫌な気分しか残らないミステリーを「イヤミス」と呼ぶそうだ。湊かなえはイヤミスの女王とか。でも、僕はあまりそういうことを彼女の小説で感じたことはない。いつでもパンドラの箱の最後の希望は残されている。この小説でも、みんなが冷たい視線を浴びせる中、事件の中にいる長女の親友の家族は彼女のことを助けて上げたいと、変わらずに手をさしのべる。
事件をかき混ぜようとする野次馬おばさんも最終的には味方になってくれる。

不思議なのは遠藤家の3人。崩壊しきっているはずなのに、なぜか家族に会話が成立している。最終段階まで到達したにもかかわらず、3人そろってケーキを食べながら会話を行うことにすごく違和感があって仕方がない。あたかも殺し合うことがゲームかなんかのように。これがストレス発散のはけ口だとしても。

高橋家の仲の良い5人家族。長男が夫の連れ子であるという設定はどういう意味があるんだろうかと、ずっと思わせながら、結果的にはそのことが事件の中心だというのは、物語の設定としても伏線とするにはあまりにも不味いんじゃないかと。
そして、いくら家族再生の手段として兄妹が話し合い納得した結果としてもあの解決策は納得しがたいような。TVドラマの最終回のネタバレを読んでも脚本家は同じ事を感じたようで、あの解決策を言い争ってる場面があったとか。

絶対的な味方と兄妹の固い絆を持っている高橋家は良しとして、誰も味方がいない遠藤家はこの先どうやって家族再生を行っていくんだろうか。そう言う部分をイヤミスと言うんだろうかな。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

映画「無限の住人」 [書評・映画評]

無限の住人.jpg
いきなりの白黒画面での派手な立ち回りの時代劇。
半世紀も前の東映時代劇かと思った。今の人は知らないだろうが、昔の時代劇ってこんなんだったなぁ。

キムタクって、50年遅く生まれたのじゃないだろうか。もっと早く生まれていたなら、時代劇役者で人気出て、役者なのに歌も歌ったりして。そんな往年の銀幕スターになっていたのかも。
依頼主が勝手に消えてしまってそれを追いかける場面なんか、堀部安兵衛が高田馬場に駆けつけるかのような雰囲気。明らかに上映する時代が違っている。昔の時代劇なんて、その他大勢の切られるだけの役者が、同じ人物が何回も別人として登場して切られては死んで、また登場しての繰り返し。その意味では現実のそういうシーンの体験者であった福本清三さんが、単独で役名入りで敵役で堂々と切られて
死んでいくというのは感無量なのかも。

原作コミックは知らないし、おそらくは映画化に当たって相当に改変しただろうから、読む気もない。逆に言えばコミックの愛読者だった人たちにとっては不満も多いだろうと思われる。これは仕方がない。キムタクのせいではない。

ラスボスの福士蒼汰が格好良い。でも、最後まで結局はワルだったのが原作通りとは言え、もったいない。格好良いといえば戸田恵梨香。主人公を極端まで追い詰め
最後は愛ゆえに身を献げてしまう。TVのエンジンを見ていた者からすれば、よくもまあ、キムタクと対等に堂々と立ち向かえる位置まで昇ったなとこれも感無量。

現実にはありえないことばかりなのだが、そこはコミック原作だから大目に見ないといけない。
ただし、やたら敵が多すぎる。一体何人倒せばいいんだとそれこそ無限の話になって主人公でなくとも疲れてしまう。で、気がつけば全員が倒れているって、何なんだろうね。

何なんだろうと言えば、適役の一味が一堂に集められて皆殺しにされるのなんか、陰謀丸わかりなのに不用心すぎる。結局はラスボス一人が賢かっただけというお粗末さ。いやいや、公儀を丸々信用しきっていたこと自体オマヌケとしか言えないのだけれど。

杉崎花ちゃんと戸田恵梨香が向かい合っている場面を見て、十数年後にはこちらの位置に花ちゃんが来るのかなとか思ったりして。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画「3月のライオン後編」 [書評・映画評]

3月のライオン2.jpg
「3月はライオンのようにやってくる」というイギリスの諺から
付けられたこの物語だが、この諺には後半があり、「そして
子羊のように去って行く」というのが後編の副題となっている。

前編が期待はずれだったので、まあラストをどう持っていくのか
という関心だけで見たのだが、原作がまだ描いていない、読者が
まだ知らない部分が思ったよりもよかった。で、腑に落ちたのだが、
前編荒削りを後編で収束させるという手法を監督が採ったんだなと。

原作にある部分での描写に関しては、付け加えた部分が蛇足で
あったり、舌足らずであったりと、不満点も多いのだが。
たとえば川本家が被る受難などはあっけなさすぎたり、主人公が
からまないまま解決して、それでいいのかと思ったり。
もっとも、原作でもあるのだが、主人公の独りよがりと空回りが
本当には直接の解決にはつながってはおらず、逆に主人公が
そのことを通して成長していくというのが短くても伝わってくる。
ラストの持って行き方、主人公が助けようとして、実は助けられて
いたということに気づくという主題の捉え方はいいと思う。

まあ本当はもっと描いて欲しかった部分は多いのだが。
たとえば修学旅行の場面とか、台風での出来事とか。
感想戦で名人と対話が成立していたとか。尺の問題なんだろうが。

作者から結末を聞き出して作ったということで、ちょっと不安では
あったのだが、こういう終わり方、この後どうなるのだろうかという
疑問を残して終えたのはよかったと思う。

原作を知っている人なら、前編を見ないで、後編だけ見た方が
いいかもしれないと思ったり。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

書評「リバース」 [書評・映画評]


リバース (講談社文庫)

リバース (講談社文庫)



TVドラマ開始前に読んでおこうと思った。

湊かなえという作家は不思議な作家である。その作品の多くが依頼を受けて書かれる。ある時はラジオドラマの脚本として、ある時はTV局開局何周年記念ドラマとしてその局の名物番組を作品内に織り込んでとか。
そして、この作品は、出版社からラスト1行を指定されたとか。曰く、ラスト1行での大どんでん返し。ネタバレになるので、それ以上の詳しいことは書けないが。

今回はこの作者にしては珍しく男性が主人公。
しかし読み始めて実に気持ち悪い。全体的に気持ち悪い部分が2カ所あったのだが、読み終えてみると、実はその2カ所がこの作品の重要ポイントだった。だから、最初に感じた一つ目の気持ち悪い部分から、読みながら犯人がわかってしまった。ついでながらラスト1行のどんでん返しも、最後まで解消されなかったもう一つの気持ち悪い部分が原因だったということで、最後の一行で解消されることに。

第1章で現在の状況が簡単に語られ、何やら曰くありげな出だし。実に気持ち悪い。そして第2章で3年前に起きた事件のことが語られていく。
はっきり言って、主人公が付き合っている女性に事件のことを語るのがこの章なんだけど、こんなに会話の一つ一つまで語るはずがないと思われる。この部分、小説的には逆にした方が自然なんだけどと思ってしまった。
第3章以降は素人探偵が事件を調べていく。途中ミスリードも入れているのだが、ミステリー読み慣れている読者はまず引っかからない。

主人公がもう一つ感情移入しにくい性格をしているのだが、それもまた計算の内だとわかっていく。真相に近づいていく過程でそれがわかっていく。TVドラマでは主人公は藤原竜也なんだが、彼でも悪くはないけれど、読みながら佐藤健が浮かんでしまった。
TVの宣伝で共演がデスノート以来の戸田恵梨香とあって、読みながら、それを書いちゃえばネタバレになってるじゃないかと、突っ込んでしまう。
事件で亡くなる人物を小池徹平がやるようだが、本を読んでいると全然合わないように感じてしまうのだが、まあTVドラマはいろいろ設定を変えるからいいのだろうか。何しろ原作では3年前の事件のはずなのに、TVドラマでは10年前の事件になってるし。ちょっと10年は長すぎるんじゃないかと。

しかしさすがは湊かなえだなと。最初は気持ち悪さが勝っていたが、どんどん引き込まれるし、読み終えると、その気持ち悪さも伏線になっていたことがわかって、恐れ入りましたとなる。

ついでながら公立学校では備品消耗品の購入は手続きもあって、業者に注文してきちんとした書類が必要なので、気軽に町の文具店や百均屋は使えないことが多いので、そこんところは別に不自然でも癒着でもないんだけど。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

映画「3月のライオン 前編」 [書評・映画評]

3月のライオン.jpg
絶賛する声が大多数の中、あえて言おう。期待はずれだったと。

内容はいい、確かに。しかしそれは原作がいいだけ。
将棋ファンでこの映画を見た人は100%原作コミックを読んでいると
言ってもいいだろう。原作は素晴らしいのひと言につきる。
そしてコミックからそのまま抜け出したようなキャスト。これは
絶賛物である。

しかし、映画だから映画オリジナルな部分があるのは当然だが、
残念ながらそのオリジナルの部分すべてがこの物語をだめに
している。監督は何もわかっていない。

対局シーンは嘘はない。しかし設定が大嘘。
後藤や幸田がタイトル戦で宗谷と戦った話などどこにもない。
また、新人王戦決勝のあの会場は何だ?
まるで地下の秘密組織での対局。だめでしょ、あんなの。

時間の関係で三番勝負が1局しかやらないのはしかたないと
しても、それでは盛り上がりに欠ける。主人公がサブキャラ扱い
していた島田に触れていく展開がおそまつ。研究会入りが
唐突すぎる。
また二階堂の物語ももっと深い話なのに、実に簡単になって、
友情物語が軽すぎる。

宗谷と島田のタイトル戦。ラストで主人公が走って行く場所は
控え室のはず。対局場に走って、彼は何をしたかったのか。
まさか助言しようなどということはないでしょうね。
おまけに対局終わって十分な感想戦もなしで名人が場を離れる
など、ありえない。感想戦をきちっとやって、駒を片付けるまでが
対局のはず。何ですか、あの礼儀知らずは。

ストーリーの順番を変えるのは仕方がないとは思うが、後編が
不安で仕方がない。
後編のあらすじを見ると、またまた原作にはない余計な話が
入っているような。

おまけに、まだ連載中の作品を、無理矢理原作者にラストを
聞き出して映像化するなんて、何様だと思ってるんだよ。
別に前後編2部で無理矢理終わらせなくってもいいでしょう。
もっといえば、途中で終わっても誰も文句は言わないと思う。

正直言って、後編を見たくないと思っているのだが、文句を
付けるためにも見た方がいいかも。でもきっと後悔するだろう。


ということで、前編は公開してから早めに見たにもかかわらず、
今まで感想を書けずにいた。でも、後編をやる前にひと言
どうしても言っておきたかった。

コミックの実写映画化にろくなものはない、とあらためて
思った。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

書評「か「」く「」し「」ご「」と「」 [書評・映画評]


か「」く「」し「」ご「」と「

か「」く「」し「」ご「」と「



仲の良い5人の男女高校生のありふれた日常生活。
今回作者がこころみたのは、この5人の誰もが、他人の感情を具体的に目で見える特殊な能力を持っていること。そして当然のように、それは自分だけが備わっている能力だと各自が思い込んでいる、すなわち、他の4人それぞれに感情が読まれていることを知らないという。

読めるのは感情の起伏だけ。それを知ることでイライラしたり、どうにかしたいとは思っても何も出来ない。そんなすれ違いの物語。
同時進行ではなく、各自が語り手になって時系列に物語が進んでいく。
最後にネタばらしがあるのかと思いきや、何もなく終わってしまう。それが一体何だったんだろうと思ったり。

別に特殊能力がなくても成り立った話なのかもしれない。3度読み返す必要があるかも。彼等のすべての能力を知った上で読み返すのと、能力がないものとして読み返すのと。

いやすでに第1章で読み返してはいるのだが。この作者が仕掛けた意外なミスリードに引っかかって。

一通り読んだだけではこの本を評価はしにくい。もう一度読み返さないといけないだろう。

しかし、オチが見つからないのがどうもつらい。結局彼等の関係って何だったんだろうって。

まあ言い換えれば、他人の感情が見える能力なんて邪魔なだけということか。

広瀬すずとか土屋太鳳とか山﨑賢人とかでドラマ化できそうだけど、ドラマにしない方が正解かも。

ちなみにオチと言えば、表題は実は「各仕事」ってことなんだね。それを聞いて腑に落ちたりして。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

書評「死の天使はドミノを倒す」 [書評・映画評]


死の天使はドミノを倒す (文春文庫)

死の天使はドミノを倒す (文春文庫)



オラース・ヴェルネという実在の画家が描いた、実在の絵画を
モチーフにした、というか、この絵にインスパイアされて
書いたのか、解説には何も書かれてはいないが、おそらく
そのような経過で書かれた物だろう。ミステリー

疑いようもなく加害者が有罪であると思われる事件ばかりを
引き受ける弁護士がある日、裁判途中でありながら行方不明と
なる。兄で、かつては売れっ子作家ではあったが、今は落ちぶれて
その日の暮らしにもことかく男が、必要に迫られて、弁護士を
批判する連載記事を書いている雑誌記者に連れ回されて、連絡が
取れない弁護士を探すことに。
そこで出会う、弁護士が引き受けていた凶悪事件、そして
自殺相談員でありながら、自殺をそそのかしていたことが判明して
逮捕された女性、そして、表題の謎の絵と、天使の羽を持って
いたと思われる、羽をもがれた球体関節人形。深まる謎の果てに、
予想すら出来なかった結末が待っていた。

ちょっと押すだけでバタバタと次から次へと倒れていてしまう
ドミノ。そのように落ちぶれてしまった主人公と、ちょっとの
行為で人の生死が決定する時、最初の行為がどれだけ問われるのか。

太田忠司というミステリー作家は実に幅の広い作家である。
ミステリーには3種類ほどの違いがある。謎解きを主体とする
純粋ミステリーに、ミステリーを通して社会に何かを訴えかける
社会派ミステリー。ミステリーの場を借りてSFやファンタジー
世界を構築する娯楽系ミステリー。太田氏はそのどれをも得意と
している。
そして、この作品は言ってみると純文学ミステリーか。
主人公の心の深くに潜む感情を中心とした物語。主人公は別に
探偵でも刑事でもない。事件にはまったく興味を持っていない。
解決しようなどとも考えてはいない。行方不明の弁護士さえ
見つけ出せればいい。しかもそれは銀行に凍結されてしまった
父の貯金を手に入れるためだけ。だから弁護士が目指している
社会への問題提起も彼には関係がない。だからこれは社会派
ミステリーでもない。

ミスリードが2カ所用意されている。しかし、1つのミスリードに
意味があるとは思えない。ミスリードを知らされても、ふーん、
で終わってしまった。
もう一つの方はけっこう重要。思わず読み返したのだから。
もっとも、その他にも重要な伏線あるのだが、作者が思うほどに
読者はその伏線を重要視していない。太田さんの作品にはたまに
こういう、読者を驚かせようと趣向を凝らしながら、空回りする
部分もある。それってそんなに重要なのかな、って。

しかし、ドミノ倒しって、悪いことの連鎖ばかりでもないという。
倒れた結果美しい絵が実はできあがっているという。そういう
期待を抱かせる終わりになっていることが救いかも。
それと、殺人事件はいっぱいあるのだが、過去に死んだ人は
別として、この作品の中で出て来る登場人物が誰一人死んで
いないというのも太田さんらしいというべきか。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

書評「りゅうおうのおしごと! 5 」 [書評・映画評]




将棋界最高位についた17歳ロリコン竜王と、9歳の押しかけ内弟子JS、2歳年下のツンデレ姉弟子の三角関係バトルの正当派将棋ノベル第5巻。

前巻でも気になっていたのだが、今回は初めてのタイトル防衛戦が主軸。しかし挑戦者は不敗神話を持つ将棋界最強の相手。
これで普通に防衛すればやっぱりご都合主義の小説かとなってしまう。さりとてタイトルを奪われればこのシリーズのタイトルが変わってしまうという重大事件。
案の定、崖っぷちに追い込まれ、師弟関係も崩壊、三角関係どころの騒ぎじゃなくなってくる。

ところが、これまでの登場人物、1名(前巻登場のあの危ないストーカー女流棋士)を除いて総登場やら、回りの登場人物がみんなハッピーになったり。おまけに大会場を舞台にして親族・将棋関係者を集めての披露宴まであったり、なんとなく最終回フラグがたっているではないかと思っていれば、あとがきまで最初の1行目で、
  「5巻で終わりにしようと思います」
  (中略)
  編集さんは「わかりました」と言いました。
って、何じゃこりゃ!

予定通り5巻で終了する予定だったって?

うーーん、詳しいことは読んでください。最後には安心させる言葉もあるから。

内容はもう感動しか出てこない。特に中盤から終盤にかけて感動しまくり。

しかし、クライマックスでのあの驚愕の現象。たしかにあり得ることとは思いながらも、思わず鳥肌がたってしまう。

そしてもう一つ、第1巻から名前だけはあり、特に前巻では登場もしていたあの人が○○だったなんて。
ただでさえ口調から▲▲だと思い込んでいたのに、××であったことだけでも驚いたのに。
しかしコミックではどうするんだろ。けっこう主要キャラなのに。確かにあの名前、そういう読み方が出来るんだと辞書で調べてわかったのだが。

(追記:と思っていたら、実はコミック第2巻にちゃんと登場
    しているんですね。気がつかなかったが、ちゃんと正しい
    形で。おそらく作者から容貌を聞いていたんでしょう。)

ついでに言えば、毎巻おまけのページとして書かれている、二人の女流タイトル保持者との雑談ページ。実は主人公とこの2人と主人公のライバルの4人は、主人公が小学生名人戦で優勝した時の準決勝まで残った顔ぶれなんですってね。それ以来の仲間というか、主人公を目標にしてここまでやって来た因縁あるってことも、今回初めて紹介されたんだけど、けっこう深すぎますね。それだけでも1冊できそうな。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

コミック「将棋めし」 [書評・映画評]


将棋めし 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)

将棋めし 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)



将棋のプロ棋士が対局中の食事休憩に食べる食事を題材にした
コミック。
と言っても、単なるグルメ本ではなく、その食事が対局にも
影響しているという。嘘のような、現実にもあり得るような
物語。
単に冗談で書いたと思われがちだが、対局図にはプロの監修が
入り、作中のある対局では、初手から終局まで正確な棋譜が
付けられている。

主人公は、プロ棋士の父と女流棋士の母を両親に持つ、現実世界
ではまだ一人もいない女性ながら奨励会を抜けた女性のプロ棋士。
もっとも、変わり者の父は東京一人暮らし。冷蔵庫のプリンを
3個とも一人で食べてしまう天然系の夫とは一緒に暮らせない母は
一人大阪に残り、小学生でプロ入りを決意した主人公は父の元で
修行をしてプロになったという。

いきなり第1章(作中ではタイトルに合わせて「第1食」と
なっている)ではタイトル戦最終局で、なんとタイトルを
奪取している。そればかりか、載せられている彼女の対局すべて
勝利という。

同年齢で奨励会も同期という友人2人は彼女を女性とは思って
いない。気持ちがいいくらいにさらっとした関係。
対局相手の中には、実在の棋士を彷彿させる人も出て来るが、
あくまで気のせい。

設定だけが借り物の、あり得ない将棋漫画もある中で、将棋に
詳しい人でも十分満足できるマンガというのも珍しい。
千駄ヶ谷周辺には料理店もそんなにあるわけではないから、
ネタ切れしないかが気になるところが。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

書評「花の鎖」 [書評・映画評]


花の鎖 (文春文庫)

花の鎖 (文春文庫)



同じ町に住む「花」「雪」「月」を名前に持つ3人の女性の物語。
全体で6章まであり、各章に3人の物語が並行して描かれている。

と言っても湊かなえのことだから油断してはいけない。
だまされるな。
第1章を読んだ直後から感じていた。同じ町の商店街、
花屋に和菓子屋が出てきても、同じ時間軸にいるとは
限らないぞ。クロスオーバーする人物が出てこない限り、
おそらくは時代が違う可能性がある。
共通して出て来る人物もいることはいる。しかしその
人物は、すでに亡くなっている、この町にゆかりのある
世界的な画家。その画家の描いたある幻想的な絵が重要な
鍵として3つの物語をつないでいく。

第2章以降を読んで、確信した。時間軸がずれていると。
そして第5章に入ってネタばらしが始まる。クロスオーバーする
人物が現れた。しかし年齢に明らかな違いが。

最終第6章に入ると、解決編になるのだが、ここでこれまでの
パターンを捨てた。これまで「花」「雪」「月」の順に
書かれていた物語が、順番を変え、「雪」「月」「花」の
順になっている。そして第6章のみ章題がつけられた、
「雪月花」と。
この言葉を聞いてすべて合点がいった。
それと同時に、この物語の主人公は「花」なんだなとも。
いわゆる「花」で始まり「花」で終わる。第1章で大きな謎を
持ち込み、最終章でその謎が明かされる。それも「花」の
物語部分で。

もちろん途中にヒントもくつかある。

「花」には祖母と母と本人の関係がしっかり書かれているが、
「雪」で出て来るのは自分と夫とのことのみ。母もいるには
いるがほとんど登場しない。
「月」には母子家庭として母との関係のみが描かれる。

「花」の祖父は早くに亡くなっており、両親が事故で二人とも
同時に亡くなっている。家族に男は現在いない。
「雪」夫妻にはまだ子どもはいないが章がすすむと妊娠
思わせる描写が出て来る。そして「雪月花」。
「月」の父親は本人が生まれる前に亡くなったと言う。

「花」の家に毎年豪華な花束が「K」というイニシャルだけで
贈られてくる。「K」とは一体誰なのか?それが全体を貫く
ミステリーにもなっている。
「月」に1回だけ「K」のイニシャルでの手紙が届く。
もっとも差出人は大学時代の友人で、今は絶縁している相手と
すぐにわかるが。
「雪」では夫がサインとして「K]と書いたことが一度だけ出て来る。
もっとも3人とも周囲にはイニシャル「K」の人物は一杯出て来るが。


3つの物語はいずれも中盤まで湊かなえ特有の暗い物語である。
これが短編小説の連作なら、1つ終わって気分をリセットして
読み進めればいいのだが、3つの物語が並行して書かれる
この小説は、暗さが3倍になって、かなり読みづらい。
希望の光は、この3人の関係を推測して、それぞれに出て来る
登場人物が、他の話ではどこにあたるのかを考えながら
読むことだけ。気分的に重かった。
だから第5章でやっとクロスオーバーし始めて、3人の繋がりも
理解できて気分は落ち着いた。

並行して書かれてはいるが、実際には長い大河ドラマなんだろうな。
で、実は3作とも主要人物として一人だけ通してで出てきている
人物がいるんだということにやっと気づいた。気づくの遅いよ。
この人物からの視点で描くと、また違った物語になったんだろうな。
まあありえないだろうが。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の10件 | - 書評・映画評 ブログトップ
メッセージを送る