So-net無料ブログ作成
検索選択

書評「母性」 [書評・映画評]


母性 (新潮文庫)

母性 (新潮文庫)



アパートの4階から女子高校生が転落した。
後に判明するが意識不明の重体。新聞記事には発見者の母親の
コメントが載っていた。

この冒頭1ページの記事に違和感があってしょうがなかった。
それは作者が意図して違和感が生じるように書いたものだと
すぐに判明する。記事を読んだある高校教師が違和感を覚える。
それも後に判明するが、その高校教師も高校生時代に自殺経験が
あり、母親がまったく同じ言葉を発していたことを思い出した
ことが心に引っかかった。

2ページ目から母親の手記と意識不明の娘の回想。おそらくは
走馬燈のようにこれまでのことを思い出しているんだろう。
そして高校教師の短い語りが各章で並行して書かれていく。
どれも一人称。だからそれぞれにとっては真実のことながら、
同じ事を述べていても、母の手記と娘の回想ではいろいろな
部分が食い違い、最後まで終生はされない。
本来小説にはかかせない「神の視点」が一切ないから、何が
事実だったのか、最後までわからない。

読み進めながら、この高校教師って誰なんだろう、なぜこの
人物の話が挿入されているのだろうか、ずっと謎のまま。
母の手記にも娘の回想にも該当する人物が出てこない。
なのに、読み進めていくと、母の手記・娘の回想に出てきたと
思われる人物が高校教師の行く先に登場してくる。しかし
どう考えても年齢が合わない。
おまけに、意味不明のミスリードが仕掛けてある。
そんなミスリード、必要ないだろうと思っていたが、最後まで
読んで意味がわかった。もう一つ重大なミスリードがあり、
それを隠すためのミスリードだったのだと。まんまと
作者の罠にはまってしまった。最終章ですべて判明。実は
冒頭1ページから仕掛けてあったのだ。

2ページ目から始まる母の手記は読んですぐに気持ち悪く
なった。読んだのを後悔しそうな気分悪さ。そして
救いのないままに中間部の重大事件に入り、嫌な気分ばかりが
残る。

母は限りない愛情を娘に注ぐが、娘は母には愛されなかったと
受けとめる。独りよがりの愛情。そして愛情のスレ違いのまま
最終の悲劇へと移る。
愛情のすれ違いにいたたまれなくなった娘はついに家の庭の
桜の木で首つり自殺をはかる……

え、えっ、え???どういうこと?何で何で???

枝が折れたのと発見が早くて命は助かった物の意識不明。
見事にしてやられた。
そして最終章。高校教師だけの語りになって、すべての謎が
解けるけれど、当然、そういうことなんだなと。

最終場面で初めて母娘の名前が出て来る。ひょとすると、
これもミスリードさせるために最後まで伏せていたのかも
しれないが、こちらこそ完全に伏せている意味がなかった
ような。

一人称ばかりで書かれているから、いくつかの謎は残った
ままだが、それは仕方ないかも。しかし愛情のすれ違いが
悲しくて仕方ない。結局は最後まで気がつかずに過ぎて
いくのだろう。

昔ある哲学者が言った。人は女に生まれない、女になるのだ、と。
母というのもそうなんだろうな。それを作者は言いたかった
のだろう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

書評「よるのばけもの」 [書評・映画評]


よるのばけもの

よるのばけもの



中学生男子のあっちー、こと安達は、ある夜から毎夜、突然
ばけものの姿に変身しだした。最小限の形は決められているが、
自分の思うままの大きさに変えられ、移動速度も思うまま。
わずかな隙間をすり抜けることもできる。後に言われて気づく
のだが、自分が願う特殊能力も持てるようだ。

最初は驚きもしたが、慣れてくると毎夜散歩をするようになる。
夢でないことは、移動して誤って踏みつぶしたある家の犬小屋
朝になっても壊れたままだったことからもわかる。

そしてある夜。学校に宿題を置き忘れたことに気づき、取りに
行くと、夜の教室に一人の女生徒がいた。クラスで嫌われ者の
矢野さつき。ばけものの姿にもかかわらず、彼女はそれが
あっちーだとすぐにわかった。そしてその夜から二人だけの
奇妙な夜の休み時間が始まった。

あっちーのクラスは平和なクラスだった。しかしそれは一人の
人物に支えられた平和。クラス内のイジメ・嫌がらせを一気に
引き受ける人物がいたから。それが矢野さつき。クラス内で
他にいじめられそうな女子生徒が見つかると、その子がイジメに
遭う前に、矢野が真っ先にその子に強烈な嫌がらせをし、
その結果その子に同情が集まり、イジメの対象にはならず、
しわ寄せが一気に矢野に押しかかる。矢野には昼の休み時間は
なかった。だから夜の休み時間なのか。

その矢野にあっちーは問われた。
あんたはどっちが本物なの?

人間が本物でばけものに変身しているのか。ばけものが本物で、
昼間だけ人間の姿をしているのか。

クラス全員が矢野イジメを容認している。
積極的にいじめる者。たまに協力する者。見て見ぬ振りをする者。
あっちーもその中にいる。イジメはいけないとわかっていても、
自業自得だ、わざわざ問題を自分から作ることがいけないんだ、
自業自得だと自分に納得させている。

しかし毎夜矢野に会い、話をしていて自分と興味関心が似ている
ことに気づく内、複雑な思いが湧いてくる。夜は夜、昼は昼、
使い分けているけれど、そのうち自問していく。
自分は果たしてどっちが本物なんだろう。


作者は不親切である。
事件を起こしても解決してくれない。ある事件の真犯人が誰なのか
明かす気もないらしい。登場人物の背景も教えてくれない。
あっちーがなぜ保健室の先生に心配されているのか。矢野の背景が
何なのか。もう一人の不思議少女と矢野の謎の関係、何が二人に
あったのか。何も答えてくれないどころか、物語は突然終わりを
告げる。平和なクラスにあっちが投げかけた波紋。それが一体
どのような結果を生み出すのか、その答さえ用意されていない。
続きは自分で考えろってのか?

主人公あっちーはたぶん気づいているのだろう。なのにあえて
気づいていないふりをしている。それは同時にクラスメイトの
大半が気づいているのに気づいていないふりをしているのに
似ている。見かけと実際が異なること。一体どっちが本物なんだろ。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

書評「サファイア」 [書評・映画評]


サファイア (ハルキ文庫)

サファイア (ハルキ文庫)

  • 作者: 湊かなえ
  • 出版社/メーカー: 角川春樹事務所
  • 発売日: 2015/05/15
  • メディア: 文庫


7つの宝石に関わる短編集。

連続放火犯人として自首してきたのは、優しい夫と素直な息子を
持つ、生活に何の不満もない主婦だった。彼女が犯行のいきさつを
語る相手として指定したのは、ある化粧品会社の苦情処理担当の
人だった。
……「真珠」

実家の裏に建った訳ありの老人ホーム。その6階に住む住人と
実家の母との奇妙な交流。独身アラサー妹から話を聞いた姉は、
ピンと来て、廃刊予定の雑誌に載せるはずだったある殺人事件の
話をするのだった。
……「ルビー」

レストランのガラス扉に激突して脳震盪を起こし、踏みつぶされ
ようとした雀を助けた男に、雀は一週間の期限で人間の姿になり、
結婚詐欺師にだまされようとしていた男に恩返しをするのだった。
……「ダイアモンド」

隣家の行方不明の猫を見つけ出したことから、隠し事のない
仲の良い3人家族のそれぞれの秘密が暴かれていく。
……「猫目石」

DV旦那を殺した主婦の前に現れたのは、中学時代に自らが
手をさしのべてイジメから脱却、将来の希望を見いだし、
弁護士となって活躍していた親友だった。「走れメロス」が
モチーフとなった物語。
……「ムーンストーン

人生で最初で最後のおねだりをしたことが悲劇となってしまった。
……「サファイア

冒頭、この本の作者をイメージするような批評から始まる、
ある小説家の物語。「サファイア」で後悔と絶望に立たされた
ヒロインが、その後も苦しめられて、心に積もる思いを
小説に書いたことから生まれる奇跡の物語。
……「ガーネット


一番良かったのは「ムーンストーン」かな。学校でのイジメ
問題を多く書く作者が、珍しくそこから乗り越える話で、
情けは人のためならずというのは出来杉だろうけれど、
最終的にすべて良しとなるかどうか不明な段階で物語が
終わっているのがいい。
「猫目石」って、物語の中に宝石出てきてたかな?
でも、オチがさえてる。お互いの秘密を知ってしまった
家族が、それを越えた上であえてブラック的に結末を
つけて、この作者らしいオチで面白い。
「真珠」では、登場人物二人の関係が謎みたいに言われている
けれど、最初から場面想定は出来てしまって、何も驚か
なかった。もっとも、なんでただの会社員が弁護士みたいに
犯人の犯行を聞いているのか読んでいる時はわからなかったが。
それと連続放火の必要性もよくわからないけれど。

「ガーネット」は蛇足かもしれない。あまりにも話が出来
すぎている。作者の言い訳なんだろうか。一般の小説なら
それでもいいんだが、この作者のカラーにはあっていないな。
作中作の「墓標」という小説、読んでみたいなと思ったが、
「告白」を読めってことなのかな。もう読んだけど。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

書評「望郷」 [書評・映画評]


望郷 (文春文庫)

望郷 (文春文庫)



瀬戸内海に浮かぶ因島出身の湊かなえが、因島をモデルにした
「白綱島」という島を舞台にした6話の短編集。それぞれの
話につながりはない。

妻の田舎が因島である。妻の両親がどちらも因島の人間で、
結婚して後仕事の関係で最初は大阪に、そしてすぐに京都
移り住んで現在に至る。京都で生まれ育った妻も、出生地は
因島で、親戚一族がこぞって因島にいた。今は関西に出て
きたのが多数で、残っている人たちも、親の代の親戚達は
ほとんどが亡くなっている。

結婚してほどなく、親戚参りに因島に行った。その後娘が
まだ小さい25年以上も前に3人で行った。都合2回行った
と思っているのだが、1回の記憶違いなのかどうか定かでない。
島の中央部にある、五百羅漢で有名な白滝山にも登った。

因島の中の人間か、そうでないかでこの本の読み方
違ってくるように思える。内側の人間にとっては、身内の恥を
言われるような気分でなんか読みづらい。おまけに島の
イメージが浮かんでくるのがとても邪魔になる。

作者の湊かなえは教員経験もあることから、学校内部の話も
多い。特にイジメ関係の物語が多い。そういうのも読みづらい
原因の一部にもなっている。

たんたんと故郷の想い出を語る物語かと思えば、ラストで
いきなり、実はミステリーでした、と謎解きが始まる。
ウ段も隙もない展開。
だから、途中読みづらくても、最後にオチがあると思って
読むのだが、それでも、中の一編「雲の糸」は読みづらかった。
相当我慢しないと読めない。正直言って嫌な展開の物語。
救いがないような。まあ6作品すべてがイジメがからんだ
ストーリーなんだが。他の作品は一応なんとかきっちり
終わらせてくれてるんだけど。まあ他にもこの先どうなるのか、
きちんと書いてくれていないのもあるにはあるが。

解説に頼まれて書いている人が、対岸の尾道市出身の人。
同じ橋を眺めていても、まったく違う印象で眺めていた
ことを書いている。対岸の火事は見ているだけなら
いっときの出来後tに過ぎないけれど、内側の人にとっては
この後どうしていけばいいのか、明日の生活にも困る事態と
なる。そんなことで、読み方が違ってくる。

正直、いくら湊かなえの作品でも、この手の作品は
読むんじゃなかったと思ってしまった。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

映画「RANMARU神の舌を持つ男」 [書評・映画評]

Ranmaru.jpg
完結した「トリック」の堤幸彦監督が、同系色のミステリー
コメディーとして作った、いわば後継作品。
TVシリーズはあまりにも低視聴率で、映画化は無理だと
言われていたのを、TV局は一切関知しないから、作りたければ
勝手に作れと手を引き、それでも作ったという作品。

「トリック」以上に無茶苦茶で、遊び心しかないというか、
「トリック」が好きでたまらないと言う人にはいいかも
しれないが、確かに一般受けはしないだろう。

特殊な舌を持ち、舐めた物はすべて成分がかるという、
それだけが頼りで殺人事件を解決してしまうと言う。
まああり得ないというか無理がありすぎる。
キスをしても口内雑菌がわかってしまって吐き気がするので
恋愛は不可能。TVシリーズでは、まったく何の成分も
なかった女性を追いかけ回した結果、病気で薬を服用して
いたため何の味もしなかったという落ちがついたとか。

ご丁寧にも、TVシリーズを見ていない人のために、
松竹マーク」のあの画面からナレーションがかぶって、
3分間TVシリーズのダイジェストを紹介してくれる。
解説はレギュラー出演者の佐藤二朗の一人称ナレーション。
当然偏見が入る。もっとも主人公3人組の中では一番
まともな人物なんだが。

映画版では主人公向井理が温泉で溺れて独身女医の人工呼吸を
受けるのだが、何の違和感もなかったことから一目惚れして
事件に巻き込まれるという内容。女医役の木村多江と向井理
と言えば、朝ドラ「とと姉ちゃん」で義理の姉弟を演じたのが
まだ記憶に新しいところ。

と思っていたら、え、えーーー!そういう落ちなの!
って詳しく書けないじゃない。

3人組の一人、木村文乃がはっちゃけすぎている。そんなキャラ
だったっけ。と思っていれば、ウィッキを見れば、どうやら
こちらの方が地らしい。イメージがそうとう変わってしまった。

主人公が元々は祖父が伝説の風呂屋の三助で秘伝を引き継いだと
言う設定だから、温泉が舞台になっているのに、お色気シーンは
子どもが見ても大丈夫な場面しかない。設定の割に中途半端
なんだよね。

まあ、TVで低視聴率だったのがよくわかる。TV向きじゃ
ないんだな。むしろ劇場版の方があってる。
とにかくめちゃくちゃ。遊びすぎ。

でも、こういうの、嫌いじゃないんだけどね。。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画「聖の青春」 [書評・映画評]

聖の青春.jpg
29歳の若さで、将棋界最高のクラスA級在籍のまま亡くなった
村山聖の生き様と、支え続けた師匠森信雄の二人三脚のノンフィクション
小説を元にしたフィクション。

幼い頃に一生付き合わないといけないネフローゼにかかり、
病院のベッドで将棋と出会い、異常な集中力でのめり込み、
将棋本を次々と読破してそれだけで強くなる。
近所にはもう敵はいなくなり、過去からそして将来にわたって
プロ棋士を輩出してきた広島将棋センターで腕を磨いていたある日、
読んでいた将棋雑誌・新聞で新鋭の谷川浩司を知る。名人候補の
彼を倒したいの一念でプロ入りを目指す。
彼を弟子に取るように、兄弟子の滝誠一郎に声をかけられたのが、
当時自堕落な生活を送っていた森信雄。しかし大人の事情で
奨励会入りは一年遅れることに。

自暴自棄になりかけた聖に森は大阪に呼び寄せ、自分の手元で
育てることに。こうして死ぬまでにわたる特別な師弟関係が
築き上げられた。

病気で不戦敗も多い中、脅威の成績でプロ四段になった聖だが、
同時期にプロになった1年年下の天才羽生善治に出会い、
木っ端みじんに吹き飛ばされた聖は、何て強い奴がいるもんだ、
と谷川と並んで羽生を倒すことを目的として立ち向かっていく。

限られた時間の中、羽生と6勝6敗の対戦成績で迎えた最後の
対局。九分九厘勝っていた将棋を時間に追われた一手のミスで
ひっくり返されたのが最後となり、その数ヶ月後に帰らぬ人となる。

映画は羽生善治が前人未踏の七冠制覇を成し遂げた頃から
始まる。村山聖、森信雄、羽生善治の3名のみが実名で登場。
後の主要人物はすべて仮名で登場する。
森信雄の兄弟子で、東京に来た聖の面倒を見た滝誠一郎、
聖となぜか気があって一緒に過ごすことが多かった同世代の
先崎学、この原作小説の作者で、当時「将棋世界」誌の編集を
行っていた大崎善生。
実際のプロ棋士の田丸昇と中村真梨花がなぜか登場。田丸昇は
因縁浅からぬ対局を行ってきたので出演もわかるが、中村真梨花は
何か縁でもあったのだろうか?
もう一人、聖が亡くなる直前にプロになった弟弟子の山崎隆之が
将棋会館の受付役で出演。
どういうわけか、女流棋士の山口恵梨子が実名の本人役で唯一
出演しているのが面白い。

映画はあくまでフィクションでエピソードをいろいろ組み
合わせたり変更したり。
たとえば映画では弟弟子の年齢制限で退会が近づいている
奨励会員が出て来るが、実際のエピソードとしては弟弟子では
ない。
新車に乗せてもらってゲロを吐くエピソードは先崎学の車ではなく、
佐藤康光の車での話だとか。

大きく異なるのが、映画では羽生善治とタイトル戦で戦って
1勝はするけれども敗れる場面、現実では羽生とタイトル戦を
闘ったことはなく、谷川浩司とのタイトル戦で1勝もできずに
敗れたことだとか。
当然ながらタイトル戦の最中に羽生と二人っきりで酒を酌み交わす
こともなく、実際には将棋会館の側の定食屋で一緒に食事を
したことがあるようだが、だから映画の中での会話は創作された
もの。

なのに、この映画ではこの二人で会話する部分がすごく印象深い。
趣味も性格もまったく違って話がかみ合わないのに、二人が
見ている景色が同じだと言うこと。羽生が見ている海の底深く
潜っていきたいと思う聖に、羽生も村山さんとなら行けるかも
しれないという、映画のチラシに書かれている台詞がすごく
心に残ってくる。

最後の二人の対局は、NHK杯の決勝戦なので、実際には
持ち時間の少ないTV中継録画だから、映画の雰囲気とは
まるで違っているのだけれど、映画の中で使われている
棋譜や対局姿勢に誇張や嘘がまったくない、きわめて良心的な
作り方になっている。

僕が将棋にはまりだした頃にはすでに彼は亡くなった後なので
生きて闘っている彼を見たことはない。もっと早く知って
おきたかったと思う。

羽生世代の棋士達が未だに将棋界の中心になって闘っているのも、
村山聖に笑われない将棋を指さなければと言う思いがあるの
だろうか。
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

書評「超解読 ハリー・ポッター マグル的な知識の書」 [書評・映画評]




第8巻まで含めた、ハリーポッ他シリーズの本と映画の紹介書。
非公式ブックとあるだけあって、ネタバレをしっかりやって
くれてます。
第8巻「呪いの子」の紹介では、登場人物紹介だけでなく、
あらすじやネタバレもあって、既読の人には小気味良い内容。
ちなみに参考サイトとして紹介されているサイトでは、日本語訳の
まずいところを容赦なくつついているので、それも気持ちが良い。

映画と原作の違いとかもけっこう詳しいので、本を読んで
映画にはちょっと不満という人にはスカッとする内容。

とにかく詳しい。これ1冊あれば完璧と言える。
ハリーポッターシリーズのファンなら、一家に一冊、ぜひ
本棚に並べるべき。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「ハリーポッターと呪いの子」日本語版 [書評・映画評]




英語の原版すでに読んでいるのに、日本語版を買ったのは、一つには
確認のためであり、一つにはどんな日本語訳がついてるのか知りたいため
でもあるのだが。英語原版と違って、一晩で読んでしまった。まあ
大筋は知っているかrと言うこともあるが。

で、前半読んで、これ、同じ本なのかと思うくらい、まるで違った本を
読んでるような気分になる。なんか違うんだよね。
後半になるとテンポが良くなることもあって、違いに気にせずに
読み進められたのだが。

でもやはり日本語は読みづらい。正直、前半は退屈だった。
こんな文章あったっけ、なんて厚かましくも思ったり。
まあ大部分は自分の読み間違いと言うこともあるんだが。

読み落としで一番納得できたのは、闇の世界でスコルピアスが
読書や勉強が嫌いなのに成績優勝であると言われていたのが、
宿題を他人に家来のようにしてやらせていたためだとわかったこと。
原文読んでいて一番腑に落ちなかった部分なので、そういうことかと
納得できた。

もう一つ、過去にいることをハリーに知らせるメッセージ
具体的にそういうことかとわかったこと。文字の部分が惚れ薬で
焼けて読めるようになったというのに納得。洗濯してよくぞ
落ちなかったことだと。

しかし日本語で読んでみて、つくづくハリーポッターっていやな
親父だなと思ってしまう。
まあ最後にハリーも親父修行をしっかり勉強すると誓ってるのだから
まあいいけど。

翻訳の都合上、原文でのジョークや語呂合わせを無理矢理日本語に
置き換えているのは、もう一度原文を見ないと気持ちが悪いというか、
そういう変な翻訳って昔から嫌いなんだよね。

今回スネイプが「我が輩」なんて言わなくてよかった。ああいう
ステレオタイプの訳も嫌いなんだし。

とにかく、また原文を読み返したくなった。
はっきり言って原文の方がずっと面白いし。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

書評「魔王なあの娘と村人A(11) ~魔王さまと俺たちのグラデュエーション~」 [書評・映画評]




魔王と勇者がただの村人を取り争う5年間続いたシリーズのとうとう
最終巻。おそらく作者はネタにゆきづまったのだろう。
高校1年の1年間は盛りだくさんのエピソード満載だったのが、
2年生に上がってはたった2つのエピソードしかなく、
今作では1つのエピソードを描いただけでいきなり卒業とくる。

人類滅亡を常に考えるはずの魔王が、別の事柄で頭がいっぱいに
なったために、魔王としての個性が疑われるようになり、
その「別の事柄」に気がつかないままに、その原因の主人公が
手を回したために、永遠の別れとも言えそうな事態になって、
1年4ヶ月がむなしく過ぎていくという。何じゃこれ。

主人公が鈍感だったのは、個性者と一般人との間に恋愛感情が
起きてはいけないという役所からの意識の介入があったからだ
という言い訳をラストで行って、その呪縛から解放された
主人公が、自分が実は魔王のことを好きだったんだと気づいた
時はもう卒業式だったという。

そしてラストの1行は、某有名コミックのパクリですか。

物語の展開にはあきれてしまうけれど、それでも卒業で
別れることになってしまう場面には泣かされたり。
まあ、こういう終わり方しかないんでしょうが。

番外編で数年後の続編が読みたいなと思ったり。
ここの登場人物が全員何らかの立場で再会しているような。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

書評「高校入試」 [書評・映画評]


高校入試 (角川文庫)

高校入試 (角川文庫)



ドラマ用のシナリオとして書かれた物語を、小説風に改め、
結末も変えて出版された小説。

地方の公立高校での入試に際して、入試妨害予告に始まり、
入試当日、ネットで入試内容を実況中継、問題漏洩、
そして計画的騒動に加えて想定外の突発事故でドタバタする
学校内部の状況を克明にネットに流していくという事件発生。
さらに加えて解答用紙の紛失から同じ人物の解答用紙が
2枚現れるという混乱。犯人は誰か。そして内部犯行か。

読んで嫌になるミステリーを書いていきたいと作者は
思っているそうである。確かにこの作者の小説は実に後味が
悪い。でも癖になる。何しろ主人公が問題ある人間ばかり
なんだから。

複数の人間が一人称で語る形式は得意としている作者だが、
ここでは、倒叙人物は27人ほど、そのおとんど23名が
入れ替わり立ち替わり一人称で語り出す。犯人まで語っている
のだから、犯行が紛れていく。

舞台は学校内と3人の受験生の家庭のみ。よけいな空間は
ないから登場人物が限られている。その他大勢はいることは
いるが(他の受験生とその家族)声は出さないので
演出は楽かも。ちなみに現役在校生が一人だけというのも
変わってはいるが。

この社会が異質すぎて少しもこの登場人物たちに感情移入が
できない。まあひどい小説だ。もちろんそれも計算の内
なんだろうが。で、結局犯人があれで、結末がこうなんだから、
やりきれないな。
湊かなえの作品の中では、これは最悪の部類に入るかも
しれないな。一気読みするほど面白いんだけどね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る